So-net無料ブログ作成
検索選択

結核検査2200人誤診の疑い=大阪府、正しい検査器具使わず(時事通信)

 大阪府は28日、結核感染の有無を調べる血液検査(QFT検査)で、適切な検査器具を使わなかったため、約2200人の検査結果に誤りが生じた可能性があると発表した。実際には感染している人が陰性と判定された可能性があり、府保健所は今後、約2200人の健康状態を調査して再度レントゲン検査などを行う。
 府健康医療部によると、府保健所はQFT検査を始めた2006年以降、本来使用すべき検査器具以外の器具を使って約5600人の検査を実施。09年10月に外部の医療機関から「検査結果がおかしい」と指摘を受け、改めてデータを確認した結果、約2200人の検査結果に誤りが生じた可能性があることが分かった。 

【関連ニュース
新型インフル疑い患者が死亡=呼吸器疾患の90代男性

石川遼選手、今年もe−Tax=劇団四季「キャッツ」も模擬体験(時事通信)
自民3議員が鳩山邦夫氏の党政倫審開催を要求(産経新聞)
官房長官は発言撤回を=社民・照屋氏(時事通信)
昏睡強盗でスナック経営者ら逮捕 手製カードリーダーで暗証番号盗み見る(産経新聞)
教室で同級生の財布盗む 容疑で私立高校生ら逮捕(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。