So-net無料ブログ作成
検索選択

沈没トルコ艦 救助から120年 和歌山・串本で追悼式(毎日新聞)

 和歌山県串本町沖でオスマン帝国の軍艦「エルトゥールル号」が沈没して今年で120年。その際の地元住民の救助活動が縁で、日本とトルコの友好の扉が開いたとされる。イラン・イラク戦争時にはトルコ航空が日本人のために特別便を飛ばしたり、トルコで大地震があった際には海上自衛隊が仮設住宅を輸送するなど、互いに救いの手を差し伸べてきた。6月には海自の船も参加して同町で追悼式典が開かれる。

 エ号は親善交流のため1890(明治23)年6月に来日。横浜から帰国途中の同年9月、串本沖で暴風雨に遭い沈没。乗組員587人が犠牲になったが、地元住民が69人を救助し、日本海軍の艦船で無事帰国した。これが縁で、1922年にオスマン帝国が滅んでトルコになってからも、国民は日本に親近感を持ち続けたとされる。

 イラン・イラク戦争が激化してイラン在留日本人が孤立した85年には、日本が救援機派遣をちゅうちょする中、トルコ航空機2機がテヘランに飛び、日本人215人全員を救出した。

 一方、99年のトルコ地震の際には、海自が輸送艦「おおすみ」など3隻で、仮設住宅約500戸と毛布2000枚などの救援物資を届けた。海上自衛隊幹部学校の副校長を務める福本出(いずる)海将補(53)は当時、在トルコ大使館の防衛駐在官として調整に当たった。

 「阪神大震災で使い終わった仮設住宅を提供できるとトルコ政府に伝えても『大変な状況で取りに行けない』と断ってきたため、自衛隊とも協議して海自の船で運ぶことを決めた」と振り返る。「(イラン・イラク戦争の際の)恩返しの気持ちもありました」(福本海将補)という。

 エ号を巡っては映画化構想も進み、10年2月まで5年間の調査で引き揚げられた遺品が小道具になるという。

 6月3日には串本町で追悼式典が開かれ、トルコ政府代表や海軍関係者らが参加する予定。海自の護衛艦で遭難海域へ向かい、献花する。トルコ建国の父で初代大統領のケマル・アタチュルクの銅像(高さ4.2メートル)の除幕式も行われる。【樋岡徹也】

【関連ニュース
<関連記事>日本トルコ友好120年:軍艦遺品・串本沖調査 遭難・エ号、映画化構想 
<関連記事>青函連絡船「洞爺丸」沈没
<関連記事>相模湖で遊覧船沈没
<海難事故の写真特集>イージス艦「あたご」衝突、漁船沈む
<海難事故の写真特集>漁船不明:10人乗り、長崎・五島列島沖で消息絶つ

漁船転覆、母親の遺体発見=大分(時事通信)
宝くじ販売権売買話で数億詐取か=容疑で元会社役員逮捕―警視庁(時事通信)
普天間問題 小沢氏「政府の発信はどうなのかな」(産経新聞)
東国原知事VS記者団 「ケンカ」の一部始終(J-CASTニュース)
<小沢幹事長>「代表の発言は党の公約」 首相に苦言?(毎日新聞)

大麻草1443本、最大級の押収 ベトナム人5人栽培容疑(産経新聞)

 民家で大麻草を栽培していたとして、近畿厚生局麻薬取締部神戸分室は17日、大麻取締法違反(営利目的栽培)などの容疑で、神戸市垂水区の無職、グェン・タン・フォン容疑者(39)らベトナム人の男女計5人を逮捕し、大麻草1443本を押収したと発表した。同室によると、過去最大級の押収量という。

 グェン・タン容疑者の自宅から乾燥大麻約1キロも押収されており、同室はグループの栽培した大麻が国内で大量に流通した可能性があるとみて、販売先などを調べる。

 グェン・タン容疑者らの逮捕容疑は、今年3〜5月、神戸市垂水区と明石市、多可町の兵庫県内にある自宅3カ所で、大麻草計1443本を栽培したとしている。5人のうち3人は「病気を治す薬といわれた」などと、容疑を否認しているという。

 同室によると、台所と寝室以外は、ほぼ大麻草の栽培に使われており、園芸用のランプや扇風機などを備えていたほか、電圧を上げる工事もしていた。

 また、押収された大麻草は少なくとも末端価格で2千万円以上に上るとみられ、高さは5センチ〜150センチ前後まであり、時期をずらして計画的に栽培していたとみられる。

【関連記事】
アヘンの原料…「不正ケシ」の自生が激増 都内300カ所で確認
覚醒剤所持の京大生に有罪判決 大阪地裁
エリート教頭、風俗狂いの果てに…
日大“激震”不祥事資料が流出…セクハラ実名、大麻、ハレンチ写真
“内縁の妻”矢野きよ実「一緒に更生します」判決に涙
中国が優等生路線に?

宮崎県新富町でも口蹄疫感染疑いの牛(読売新聞)
エルニーニョ現象、終息へ=北日本の夏は涼しく−気象庁(時事通信)
首相動静(5月13日)(時事通信)
"体制維持こそ重要” 崩れつつある米の対中戦略(産経新聞)
生きる 心癒やす弦の音色 川畠さん演奏会(毎日新聞)

雑記帳 メロン熊 ミスマッチで人気(毎日新聞)

 北海道夕張メロンとヒグマを合体させた「メロン熊」グッズが人気を呼んでいる。北海道物産センター夕張店の若狭翁斉(おうさい)店長(28)が、かつてメロンのハウスに侵入して食い荒らしたクマがいたとの話を聞き、商品化を思いついた。

 昨年9月にメロンにクマの顔をつけたマグネット(380円)1000個を販売したところ完売。その後、足のついたマグネット(580円)、ストラップTシャツなどを次々と売り出した。

 同店とホームページでの限定販売。特に若者に人気といい、若狭店長は「ゆるキャラ全盛の中でリアルなクマとメロンのミスマッチがうけたのでは」。【吉田競】

公務員の労働基本権 ILOで回復表明へ 仙谷担当相(産経新聞)
<不明>奈良・大峰山系で63歳男性 ヘリでも発見できず(毎日新聞)
寂光院 放火から10年 消防訓練で思い新た(毎日新聞)
将棋 封じ手は「4四銀」 名人戦第3局(毎日新聞)
線路に男性、朝ラッシュ2.3万人影響 大阪市営地下鉄千日前線(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。